南青山デンタルクリニック広島医院の舌側矯正について

南青山デンタルクリニック広島医院の矯正治療には、舌側矯正という方法も取り入れられています。歯科矯正の治療では、使用する金具の存在感が気になるという方も少なくありません。そんなかたにおすすめしたいのが、歯の裏側に金具をつけた舌側矯正です。

南青山デンタルクリニック広島医院の舌側矯正で採用しているのが、「2Dリンガルブラケット-フォレスタデントリンガルブラケット-」と呼ばれる金具。通常矯正器具に使用されている金具よりも特に薄いものを採用しているので、歯の裏側に器具を装着していても違和感を少なく済ませることができます。ブラケットを装着するときに気になる角型のスロットがなく、舌にひっかかることもありません。

このブラケットはデザインのシンプルさも特徴。シンプルなデザインのおかげで、普段の会話や食事への影響が最小限に抑えられています。「2Dリンガルブラケット-フォレスタデントリンガルブラケット-」の厚さは、なんとわずか1.3ミリ。表面にも全体的に丸みを持たせているので、舌側矯正をしていながらも快適な装着感を味わうことができます。機能的な舌側矯正器具であるため、費用は通常のものよりも1.5倍ほど。しかし、それだけの費用を払っても高いと感じないほどの快適な装着感となっています。

舌側矯正の治療期間は、3ヶ月から1年前後。歯並びの状態にもよって期間は変動しますが、だいたいこれくらいの時間がかかると考えておきましょう。

PAGE TOP▲